即日キャッシングの借入額で必要な書類が変化する?

即日キャッシングを行う際にも審査は行われます。そこで書類の提出などが必要になってくるのですが、少額の即日キャッシングでは必要な書類はさほど多くはありません。

 

まず第一に必要な書類は本人確認書類です。本人確認書類は公的な機関が発行しているもので、代表的なものは運転免許証です。運転免許証を持っていない場合は保険証やパスポートなども利用できます。氏名や生年月日がしっかり確認できる書類であれば問題ないわけですから、住民票の写しなどでも可能ですがわざわざ発行する手間がかかりますから運転免許証等があればそちらが便利です。

 

少額の借入、具体的にはほとんどの業者では50万円以下の場合は本人確認書類だけで融資してくれます。50万円を超える貸付の場合は収入証明書類も必要になってきます。貸し付ける金額が大きくなればそれだけリスクが大きくなるので当然と言えば当然ですし、何より法律上定められている事なので必ず必要になります。

 

急いでお金を借りたいならおすすめはココ!
アコム プロミス

▲アコムのページヘ

▲プロミスのページヘ

 

収入証明の書類について

収入証明の書類はあまり難しく考える必要はありません。会社員や公務員、アルバイトやパートなどの給与所得者であれば給与明細で問題ありません。源泉徴収票でも収入がある事を証明できます。もちろん用意するのは最新のものである必要がありますし、給与明細の場合は数ヶ月分必要な事もあります。事前に何ヶ月分が必要なのか確認しておきましょう。

 

少し特殊なのが自営業、個人事業主の場合です。給与所得ではありませんから給与明細は当然ありません。そこで必要になってくるのが確定申告書です。確定申告書には収入がどの程度だったか証明する力があります。この他に課税証明書でも収入があることを証明できるため利用できます。

 

また個人事業主などは収入が不安定な場合が多いため数年分の書類を用意するようにしましょう。長期に渡って安定した収入があることを証明した方が業者側も安心してお金を貸すことができます。場合によっては個人事業主は少額の融資で本来収入証明が必要ないとされている金額でも収入証明を求められる場合が少なからず存在します。面倒かもしれませんが、金額に関わらず書類を用意して置いた方が良いかもしれません。

 

また消費者金融ではこのように収入証明書が必要なケースが多くなってきますが、銀行のカードローンでは多少条件が変わってきます。銀行の場合は賃金業法に縛られませんから法律上50万円を超えても収入証明の必要がありません。

 

もちろん証明せずに無制限に借入ができるわけではありませんし、銀行側がいくら以上なら提出してくださいという形で取り決めを作っています。多くの銀行では300万円までは収入証明が必要ないことになっています。中には100万円程度から必要となる場合もあるようなので、こちらも事前にチェックしておきましょう。

 

審査時間がかかるなど不利な面もありますが、銀行のローンは金利も低く設定されています。更に収入証明が必要な金額という面でも消費者金融より有利ですから状況によっては銀行カードローンを利用する事を考えても良いでしょう。

 

即日融資はネットからの申込みが基本

最近では即日融資のキャッシングはインターネットから申し込みを行う場合が増えてきました。インターネット経由での申し込みの場合でも基本的には必要な書類に変化はありません。提出が必要な書類は写真をアップロードする形で提出する事になります。

 

郵送や面倒な手続きも必要ありませんし、窓口で契約する時と必要な書類も同じですから、パソコンやスマートフォンから申し込みを行う人が増えてきています。インターネット申し込みの方が更に素早く融資を受けられる可能性がありますので検討してみてください。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日